「Advanced Custom Fields」のアップグレードで必須~データベースのバックアップの取り方

管理しているwordpressサイトで、

管理画面内からカスタムフィールドが表示されなくなりました。

原因は単純に、プラグイン「Advanced Custom Fields」のアップデート後に

データベースのアップグレードをしていないことでした。

 

「Advanced Custom Fields」はこれ。

いくつかのボタンをクリックするだけで、WP編集画面にフィールドをすばやく簡単に追加することができます !

便利!

Advanced Custom Fields
パワフルでプロ仕様、そして直感的なフィールドで WordPress をカスタマイズ。

 

データベースのアップグレード時はバックアップ必須

このプラグインはアップデート時に、

データベース(以下DB)側のアップグレードが必要になることがあるので、

その際はDBのバックアップが必須です。

 

そういうダイアログボックスが出ますし、

不用意にアップグレードした結果サイトの表示等に不具合が出ることが多々報告されているようです。

「advanced custom fields アップデート」って検索すると、候補で「advanced custom fields アップデート 消えた」って出ました。((((;゚Д゚))))

今回はcpanelからDBのバックアップファイルを作成し、

ローカルにデータを落としてからアップグレードを進めたのでその手順を以下。

cpanelからDBのバックアップファイルを作成する手順

といっても、特に難しいことはなくカンタンです。

下記が「Advanced Custom Fields」のDBアップグレード要求画面。

 

cpanelに入って「バックアップ」を選択。

 

「完全Webサイトバックアップのダウンロード」をクリック

 

すると進行中の画面になります。

※バックアップが終わっても上の画面は変わりません。メールをチェックしましょう。

 

設定しているアドレスにメールが来ます。

内容は

「完全バックアップが完了し、ダウンロードできるようになりました。 …

バックアップ ファイルの名前は “backup-(日付)_(時間)_xxxxxxxxxxxx.tar.gz” です。

サーバーは “/home/xxxxxxxxx/” ディレクトリにバックアップファイルを保存しました。」

という感じです。

この後cpanelに戻ってダウンロードする手順で進めたのでそれを紹介していますが、もちろんFTPで上記のメールに書かれているディレクトリに行けばそこにファイルがあります。

なので、それをダウンロードしてもOK。(別にローカルに落とさなくてもいいやという人は、バックアップファイルの存在を確認したらOK)

cpanelの先ほどの画面で「戻る」をクリックすると、バックアップファイルが出来ているのでダウンロード

(キャプチャは間違えて2個作ったので2つ出ていますが、普通は1個)

これでローカルに圧縮ファイルでバックアップデータを確保することができました。わ~いcpanel便利!^^

 

あとはWPの管理画面に戻って、アップグレードを進めるだけ

バックアップ取ったのでもう安心。最初のキャプチャに戻ります。右の青いボタンをクリック。

すると下記のダイアログボックスが出るのでOK。

下記画面になって無事完了。

(まだWP5に上げてないのは内緒…^^;)

 

最後にサイトの表示に異常がないか確認しましょう。

コメント