Webデザイナーの就活中、制作へのモチベーションを維持した方法

Webデザイナーの就活中、制作へのモチベーションを維持した方法 就活モチベーション管理

webデザイナー未経験の就職活動、厳しいですよね。

簡単にはいかないどころか、本当に無理だと感じてしまうこともあるかと思います。

 

私も35歳未経験だったので、求職者支援訓練を卒業した後、2か月の間就活で苦戦しました。

「年齢的に無理なのではないか」

「もっと現実的な進路を探すべきなのだろうか」

 

そんなことも思いながら、就活期間中モチベーションを維持した方法について。

この記事では就活しながら、どうやって制作(学習)を続けたかっていうことを書きます。

就活で落ちても落ちても、ある意味楽しみながら応募を続けた方法【就職試験編】は別記事にします。

(※心理学とか自己啓発とか好きでよく本読んでるので、どちらも理屈っぽくなってたらすみません…)

 

就活中やる気を維持した方法

私は粘り強いタイプではないですし、勉強もほぼ中学までしかやっていません。

正直Webデザイナーにめちゃくちゃ興味があったわけでもないです。面白そうかなあくらい。

付け加えると、努力は大切だと思うけど気合とか根性とかは大嫌い。

そんな私でも就活を諦めずにスキルアップを続けられたのは、誰でもできる方法を実践したからかもしれません。

勉強のための勉強はしない。100%とにかく作る。

スキルアップというと、どうしても「勉強のための勉強」っぽい取り組み方をしてしまいがちです。

つまりまずインプットしてアウトプットする、という流れ。

学校の授業とかだいたいそうですよね。(だから日本の学校教育はダメなんだ!)

 

でもデザインやプログラミングを自力で続けるときに大切なのは、とにかく作品作りをすること。

本を読んだり動画をみたりしても、やった気になるだけで時間だけが過ぎてしまいます。

そしてアウトプットした方がいい一番の理由は、作らないと楽しいと思えないから。

 

あくまで、

作品作りの過程で、足りないものを補うために勉強するっていうくらいが〇。

呼吸で大事なのは、しっかり吐くこと。しっかり吐けば自然に吸えます。

 

よく言われる、インプットとアウトプットは3:7の割合がいいっていうやつ。

 

で、Webデザインでこれをやろうとする場合、1:9とか極端な話0:10くらいの気持ちでいいと思います。

 

つまりいきなり常に100%アウトプットしようとする。

Webデザインでは何かを作ろうとすると、たいてい必ず調べることになるので。

 

サイトならもちろん、バナー一個作るのだって同じ業界でどんな色や構成が使われているのか。

コピーなら知らない機能や手法を探したりすることになる。

 

こうやっていると、体感ですけど結果的に3:7くらいの割合になる。

しかもアウトプット率100%のインプットしかしないので、効果は最大。

そして楽しい。楽しいから勝手に続きます。

 

全く新しいことをやる時でもアウトプットから

新しいスキルを身に着けようという場合も同じやり方をするのがいいと思います。

 

例えば私の場合「Wordpressのテンプレート化」「PHP」を習得しようと思いました。

落ちた面接でその2つが需要がある、と聞いたので。

でも訓練校で全くやってないので知識は0。

 

さすがに知識0だと手が付けられないと思って、基礎から学んでその後なにか制作しようと思ったんですが逆に無理でした。

意味不明過ぎてインプットができない。

なので、とりあえずこれをなぞると出来上がりますっていう個人ブログとかをなぞりました。

 

私がお世話になったサイトさんは検索で出てこなくなってしまったのですが、例えばこういうサイトさんとかがいいと思います。

WordPressのオリジナルテーマを3時間で作成する手順

 

意味が全く分からないからこそ手を動かすしかないです。

このサイトの運営者さんも同じことを言ってらっしゃるのですが(というかできるようになっている人はみんな同じことおっしゃってますが、)

とりあえず全体像をつかんでから本とかプログラミングの教材とかに行く方が、スピード・やる気ともにいいと思います。

私もそうなのですがデザイナーを目指す人って、エンジニアの方々と違ってプログラミングとか興味ないですよね。

正直中身とかどうでもいいから見た目が出来上がればOKくらいに思ってます、私は^^;

だからこそ、とりあえず意味不明でも作りましょう。

せめて形が出来上がってくると、ぜんぜん意味わかんないけどなんか楽しい!と脳が感じますので。

 

新しいことを理屈からインプットしようとすると、いつ使うかわからないものを漠然と取り入れている感じになってしまいます。

おなかがすいてないのに食べる、こういうインプットはつらいです。

 

無理してやるとやる気が余計消耗してしまって逆効果。

運動した方がいいのに、でもついつい食べる方からやっちゃう、栄養にならない。

 

じゃあ労力がいる運動の方を習慣にするにはどうする?っていうのが次の話。

 

絶対できる方法論。あえてキリを悪くするという必勝法

何かやる時一番エネルギーがいるのは、どのタイミングでしょうか?

それは「はじめる前」。だいたいの人は同意してもらえるんじゃないかと思います。

 

一日の初めにさあやるぞ、というタイミング。

特に新しい作品の制作をやるぞ!というタイミング。

 

ここはエネルギーが入ります。

なのでこの2つの壁が重なると大変です。

私はこのダブルパンチになったらもうダメで、何日何週間も浪費した経験はたくさんあります。

 

じゃあどうするか?

最初から壁を越えている状態を常に作り出せばいいです。

 

例えば、バナー作りをやっていたら、7割ぐらいできたタイミングでやめます。

ちょうどいい感じになってきた一番楽しいくらいでやめて寝ます。

もし今日まだやりたかったら完成させずに違うのを作り始めます。

楽しいタイミングなので新しいのを作り始めるのに労力はいりません。

またはきらいなコーディング作業とかプログラミングとかをこのタイミングでやれば辛く感じません。

 

こうやっていると、作りかけの「楽しいもの」が常に何個もストックされている状態になります。

 

もっとこうしたいというのがあったら、メモでもしておいて実際は明日やることにする。

こうしておくと、寝てる間もいい意味でそれが頭にある感じになります。

 

朝起きたらあれの続きやりたいなあとなっていればもう勝ちです。

明日の自分がすぐにこれをやりたいと思うように今日の自分をセッティングしましょう。

気づいたら作品はたくさんできてて、なんか上達してきたなあ…ってなります。

 

やる気を出そう、気合を入れようでは就活は上手くいかない、仕事も楽しくない

私もよくなるのですが、やる気あるんだけどやる気でないなあ…っていうやつ。

でもそもそも自分の心の中からやる気を探そうとしていること自体がだめなんですよね。

気合ややる気なんてそもそもどこにも存在してない。存在してない敵と格闘しても…

っていうような話が、たしか何かの心理学であったような…

 

そもそもWebデザイナーってぜんぜん高収入じゃないので、

医者とか弁護士みたいに苦学の末に…みたいにする必要はないし、

苦しんで努力して成功しましたって感じの人は聞いたことがない。

 

なのでWebとかデザイン自体が嫌いなのに目指す人はさすがにいないと思いますが、

でも「スキルアップやポートフォリオのための作品作り」みたいなことになるとちょっとしんどいと感じる方も多いと思ってこの記事を書いてきました。

 

でも一番きついのはやっぱり就活。

やりたいことをやるために越えなければならない壁です。

ただこれも落ちても落ちてもそんなに辛くならない方法というか考え方があるので、それについては別の記事で書きますね。

 

コメント