私がWebデザイナーを目指した理由と実際になってみて良かったこと

私は35歳で未経験からWeb制作の仕事に転職しました。半年間のWebデザイン系の職業訓練卒です。

最近一年という節目を迎えたので、転職の動機について書きたいと思います。

 

これからWebデザインを目指す人、やってみたい人のお役にたてるといいです。

具体的には下記のような方の参考になるかと思います。

  • Webデザイナーって将来性あるの?やりがいはあるの?
  • 現在の仕事と比べてWebデザイナーがいいのか迷っている
  • Web関連でもディレクターとかエンジニアも考えている

 

ではさっそく本題に入りたいと思いますが、

最初にWebデザイナーになりたいと思った理由

そして今実際なってみて良かった点で書いていきます。

 

なりたいと思った理由

自分で稼げる・何をやるにも役立ちそう

自分でWebサイトを運営したり、Webコンテンツを作れるっていうのは今後何をやるにしても役に立つし絶対に無駄にならないスキルと思っていました。

仮にリアル店舗やサービスを始めようと思ったとしてもWeb戦略は超重要な時代。

デザインスキルというのも何をやるにも無駄にならない。

現場に入ってからは、写真(動画)加工のコツ・考え方も身につくのがいいと感じました。
文字だけじゃなく画像・動画で発信っていう時代の流れの中で、プライベートでも役立ちそう。

 

自宅でできる・フリーになりやすい

面接を受けていて感じたのはリモートワークありの会社が多い(週一出勤等)。

実際に先輩は結婚→子育てということもあり、リモートワークありの会社に転職しました。今はほぼ自宅で仕事しているそうです。

 

また技術を身につければフリーランスとして仕事を請け負うことができます。

フリーランスというと営業力がある人が稼げるイメージですが(実際個人としてやっていくには営業力と実績は超大事ですが)、ある程度の経験と技術があれば食うには困りません。

実際に私の制作会社でも案件がさばききれない時に外注さんに頼んでいます。

(制作会社→協力会社→に登録しているフリーのデザイナー)

上記のような形ですが、技術と経験さえあればこういう口はたくさんあるので会社に所属しなくてもよくなります。

 

手に職で安定

上記と重なりますが、安定という意味では技術職・専門職は大きいです。

実際に経験者になってしまえば、求人はたくさんあるしWebの市場はいまだに発展途上です。2020年代も伸び続ける予測になっています。

 

未経験だと就職が難しいということは、参入障壁がある技術職である証でもあります。

入口が狭い分、中に入り込んで技術を身に着けると安定&収入増が見込めるということです。

私は就活苦戦中は壁の高さを逆にモチベーションに変えるように意識していました。

ちなみにHTMLやPhotoshopなんて経験者じゃなくてもできる時代だ、だからデザイナーは技術職・専門職とは言えないという意見もあります。
個人的にはそれは的を得ているとも言えるしそうではないとも言えます。

それ単体ではだれでもできるかもしれませんが、仕事として行うのはぜんぜん違います。(家で好きなように料理するのとプロの料理が違うのと一緒です)
実際に現場で経験値を上げ続けているからこそ身につくものもたくさんあります。
そしてだれでもできそうなことをだれもできないレベルでやるのがデザイナーという仕事の本質だと思います。

逆に言うと最新技術についていき、腕を磨き続けないと専門職としては生き残れないということです。

なおAIのせいでWebデザイナーの仕事なくならないの?っていう疑問については別記事で書いています。

Webデザイナーの将来性は?AI時代でも大丈夫な理由

 

(補足)最初はなんとなくだった…

じつは上記の理由は職種・業界について調べたり動き始めてから自分の中でだんだん明確になっていった志望理由だったりします。

 

職業訓練を選んだ時点ではもっと漠然としていました。

私は調理の仕事しかしたことなかったので、そもそもは座ってできる仕事&体力より頭を使う仕事がしたいっていうそんな感じ。

ただWebには無限の可能性がありそうっていうのは常々感じていました。

あとは何か作っていくのはおもしろそうみたいな感じ。

 

なおもともとデザインが好きとかWebが好きとかは一切なく、

むしろ写真は興味なし、絵はド下手、デザインとは無縁の人生っていうスタートラインでした。

スマホもSNSも嫌いだし、必要だから使っているだけ。(なのでWebデザインの現場にいる今でもスマホの使い方は疎いw SNS絡みは注文が多いのでやった方がいいかなと思ってます)

ちなみにスキル的には、ITやWebはおろかPCや事務経験もゼロの状態からでした。(PCはタイピングのみ。高校でやりました。)
なんでこの職選んだんだって言われそうなスタートでしたが…
なんだかんだで一年経って、
上記の選んだ理由に加えて実際になってよかったなと感じる点が増えたのでそれが以下です。

 

実際にWebデザイナーになって良かった点

ここから先は私の個人的な理由によるところも大きい話になるのですが、

下記の環境・目標で働いています。

環境:Web制作会社で、ディレクターからコーダーまで全部一人でやる体制。開発部門がある。

目標:デザイン力で突き抜けなくていいから、開発とかマーケティングとかいろいろできるデザイナーになりたい

 

Web関連の他の職種・ポジションに移りやすい

制作会社のWebデザイナーはプログラム開発部門、

あるいはクライアント側の企画や運用の部門と密接に関連する仕事もあります。

開発部門…Web絡みだとオリジナルのCMS開発、フォーム作成や地図・DBとの連携などをやっています。

こういう絡みが多いのはWebデザイナーの特権というかいい点だと思います。

万能型を目指せる、また他職種へのコンバートの可能性大だから。

 

例えばサイト設計・構築をする中で開発者と環境・実装方法を話したり、プログラムコードとかデータベース関連とかいろいろ覘けます。

これはエンジニアに移りたいと思ったら仕事しながら足がかりが作れるということです。

もちろん教えてもらうとかじゃないので、全部自分で勉強していくわけですが関われるのは大きい。

 

これがWeb企画みたいな上流職から入ると、開発部門とプログラムのコードを共有したりっていうような技術的な絡みはできないです。

また逆にプログラマから入ったとすると仕様通りに仕上げることに集中するので、クライアント企業の企画や運用担当者とサイト全体に関わる話とかはあまりできないと思います。

 

またよくあるパターンですが、ディレクターやりたいとかなったときにデザイナーからだとその経験がダイレクトに生かせるのでいいですね。

ディレクターからWeb業界に入るパターンも多いですが、最近はデザイナーとして経験を積んだディレクターが評価が高いようです。
私の会社はディレクターというポジションがないですが、分業しているとしたらそれは当然そうだろうなと思います。
というか逆にいきなりディレクターって相当難しいかストレス多いと思う…

 

なんだかんだデザインが一番楽しい

一応デザイナーやってますが私はデザインがとても苦手です。

訓練校のときから他の生徒より圧倒的に下手だなと自覚しているし、今も社内・クライアント両方からダメ出しだらけです。

だからデザインが一番苦しくもあるんですが、それでもデザインが一番楽しい

 

一番というのはどういうことかというと、

私の場合ある案件を担当したら全部一人でやるスタイルの会社にいます。

だからディレクター~コーダー(必要なら簡単なプログラム)までやります。肩書はデザイナーです。

で、一番苦手なのに一番楽しいのはデザインの工程。楽しさとやりがいが圧倒的(ま、悩んでハマってしまうタイミングだと文字通り頭抱えるシーンも多いのですが、それでも)。

 

逆にストレスなのはディレクション部分。お客さんとの交渉・打ち合わせ、作業の外注ありならその予算・スケジュール調整とか。

※私は給料上がるとしてもチームを引っ張るディレクターとかやりたくないタイプ

 

コーディングは苦手じゃないけどまったく面白くない。プログラムも同様。

 

つまり私の場合同じWeb業界でもデザイナーというポジションじゃなかったらストレスMAXか、またはやりがいを感じない、という風になっていた可能性が高いと思われます。

 

(補足)前職の業界がひどすぎた

かなり個人的な話になるのでここからはあくまで補足ですが、

先述のとおり前職まではずっと調理師として調理・飲食業界にいました。

あらゆる点で苦痛だったので、それが理由で今天国に感じているっていうのもあると思います。

 

具体的には

調理)どこも典型的なブラック。薄給・長時間労働、あるいは両方。※定時という概念自体がない、休みがないとか信じられないような会社も本当にありました。

今)Web制作会社も給与面や仕事量はよいとまでは言えないけど、飲食に比べればそこまでひどくない。何より技術力・腕を上げればどんどん収入を上げられる世界なので。その将来性の高さが飲食との大きな違い。

 

調理)立ち仕事・寒さ暑さ・休憩ほぼなしなど体力的にきつい状況。

今)冷暖房・座れる=これだけで天国。

 

調理)いわゆる民度が低い人も多い(キレてどなるとか)

今)普通にいい人がほとんど。

 

全体的に調理・飲食業界にいたときは、ずっと自分に合っていない環境な感じでした。

正直ここで働き続けるなら死んだ方が楽だなと思うくらいきついところもありました。

料理自体は好きなのに、将来性を感じたことは一度もなかったです。

 

こんな感じからWebに来たので、今楽しいのは比較してそう感じている部分も大きいと思います。

Webデザイナーは自分に合っているかはまだわからないですが、

少なくとも苦じゃないので続けていくことで楽しさややりがいが増える予感は大きいです。

 

ちなみに今制作会社でデザイナーしててストレスなくてひたすら楽しいのかというとぜんぜんそんなことないです。

状況により会社行きたくない・逃げ出したいとかも普通にありますし、昼休みにご飯食べてもリバースとか不眠とかの時期もありました。

 

会社自体はホワイトだと感じていますが、

受注制作という仕事の性質上、納期前はやばいときもありますし、

必要に迫られて急いで勉強しなきゃいけないこともけっこうあります。

 

といった感じなのでもし20代で最初からWebデザイナーやってたら不満タラタラでやっぱり他の仕事してみようとか言ってた可能性もあります。

なんだか楽しそうだからという軽い理由だけで選んでほしくないのであえて書きました。

 

まとめ

まとめると、Webデザイナーにはこんなメリットがあります。

  • 業界・職種とも需要が高く、技術職として安定している
  • リモートワークやフリーランスなど自由な働き方が選べる
  • デザイナーというポジションはやりがいがある
  • Webの他職種への足がかりにもできる

ただし上記のようないい点がある分、

未経験からなるのは簡単じゃないですし、なった後も学び続ける必要があります。

 

私自身はまだ一年しかたっていないですし、

未熟すぎてまだ順調とは言えない状態ですが、

それでも十分なってよかったと言い切れますし、毎日やりがいがあります。

それは上にまとめたような将来性の高さが見えているからっていうのが大きいです。

 

もし未経験で難しいかなと思っている方就活で苦戦中の方

(特にこのブログでは30代の方をメインに考えているので苦戦は必至だと思います)

最初の壁を乗り越えたら一気に景色が変わってくると思うので

ぜひあきらめずに挑戦を続けてほしいと思います。

 

当ブログ下記記事も参考にしてみてください。

未経験のWebデザイナーに求められるスキルと内定をもらうコツ

Webデザイナーをあきらめないために心掛けていた4つのこと

他の未経験者と格段に差をつけるポートフォリオ

こうやって突破しました。35歳webデザイン未経験者の就職面接(主に制作会社)

【本気の人向け】未経験でも着実に採用の可能性を高める方法

コメント