Webデザイナーの将来性は?AI時代でも大丈夫な理由

AIがデザインする時代が到来するとか言われています。

実際AIと会話してサイトがつくれるFireDropなどのサービスもあります。

FireDrop…AIボット「Sacha(サーシャ)」の質問に答えていくことでサイトができあがる。ただし期待されたほどではなかったというかあまり評判はよくない。

またWixJIMDOといった、ベースのデザインを選択してパーツを配置してサイトをつくれるサービスも一般の方に認知度が高くなっていますね。

 

さて

そんな時代にWebデザイナーをやるのはどうなのでしょう?

 

仕事がなくなるでしょうか?

あるいは仕事の範囲が減ってつまらなくなるでしょうか?(全自動コーディングとかはうれしいけど、デザインまで進出されるとね…って思うかもしれません。)

将来性は低いでしょうか?

 

実は私自身業界に入る前はちょっと心配していたところもあったのですが、

今はむしろAIが浸透した方がWebデザインをよりおもしろい仕事として続けれられると思っています。

AIが苦手な部分にこそデザイナーの醍醐味、デザインの本当の面白さがあると思うから。

 

AIで将来性が不安とかそんな理由でWebデザイナーに二の足を踏んでしまう人がいたら残念なので、そういう人はぜひ読んでください。

この記事を読み終わったら心配になるどころか逆にやる気が出ると思います。

※私はAIの専門家ではなくWebデザイナー歴も一年程度ですが、制作現場にいる一人として感じていること、考えていることをそのまま書きました。

 

最初にAIに仕事が全部取られちゃうんじゃないかというのが杞憂であるというお話から。

AIだけがデザインする世界がありえない理由

AIがデザインする」と言ってもAIは0から1を生み出すことはできません。

あくまで大量のサンプルを学習して、その持っているデータ(つまり過去のもの)から最善と思われるものを提案できるにすぎません。

 

そう考えていくとAIだけがデザインする世界というのはありえません

もしそうなったらオンリーワンなものがない世界になってしまうことになります。

ですがオンリーワン・オリジナリティは、常に必ず需要があります

 

むしろ金太郎あめのような設計・デザインが増えるほど、相対的に一点ものが作れるプロのデザイナーの価値が上がることになります。

またデザインとは「顧客の問題解決」と言われますが、Webで解決したい問題というのは一つとして同じものはありません。
このことからも人間の関与がなくならないことがわかると思います。

また最近は問題解決に加えてユーザーに楽しみや喜びを与えることが重視されています。
どこかで見たものでは本当の感動や楽しみって与えられませんよね。
このへんも人間にしかできないです。

ちなみにAIでほとんどの仕事が奪われるみたいな話がちょっと前に流行りました。
でもさすがにあれは大げさに騒がれすぎたというか、いまだに過度に恐れている人が多いのでそんなことないよっていうのを補足したいと思います。もちろんWebデザイナーとは名だけで、何年たってもAIでできるレベルにとどまっていたら職を維持できなくなるとは思いますが。

ちなみにWebデザイナーにとって朗報なのは下記です。

なくならない仕事の特徴でよく上がる「クリエイティブ」、「人間同士のコミュニケーション」「エンジニア関連などは全部Webデザイナーに当てはまります

AI時代に入っていくからこそWebデザイナーはおすすめなんです。

 

次にどうしてWebデザイナーの仕事がAIによって楽しくなりうるかです。

クリエイターとしてのオリジナリティ発揮の機会増

デザイナーの仕事の面白さの一つは創造性・オリジナリティの発揮です(もちろん制作者の自己主張という意味ではなく)

でも基本的に現在のWebデザインではあまりその機会がない気がします。

要件を満たし、マイナス点を無くし、トレンドを取り入れつつそれなりに仕上げるってあたりで精一杯だったりします。

 

でもAIが浸透したらちょっと話は変わってきます。

及第点、定番で正解とされるデザインの骨組みはAIができるので。

それを人間がやっても仕方ないし、基盤はAIが作ってくれるのでその先ができるようになります。

ちょっとした独自の調整や差別化、オリジナリティを出す工夫とかです。

AIが及第点を確保した上での加点みたいなイメージ。

ユーザーを楽しませるという点が重視されてきていますから、アート的な面・ちょっとしたアトラクションを作る感覚なども増えてくるかもしれません。

 

こういったところがデザイナーが与える付加価値になります。

今までのデザイナーが労働集約型の作業員寄りだったと考えるとプラスの変化です。

やりがいが大きくなる。

つまりAIによって専門性が奪われるのではなく、AIによって専門性を上げられるということ。

 

ただしそうなってくるとWebデザイナーの必要人数は当然減るとは思います。

作業員の部分はAIがやれるので。また独自の問題解決や工夫を求めない顧客はAIの自動作成サービスを選ぶので。

 

必然的に専門家・職人としての仕事ができるWebデザイナーが残っていくでしょう。

 

手に職という意味でWebデザイナーを目指す人、
これから本格的に専門性を上げたいっていう人(←自分です)にとっては、
AIは歓迎すべきものなんじゃないかなと思います。

もっと人の心理にデザインで向き合える時間が増える

同じWebの世界でもデザイナーとエンジニアを比較した時に、前者は人間心理に興味がある人が多いと感じています。

AIはここが苦手です。

苦手と言ってもデータさえあれば確率的に処理できる部分は人より得意。

例えば「ページ遷移→クリック→購入」という流れがあったとして、この場合クリックのボタンはこの辺にこう配置するとクリックしたくなる(人が確率的に多い)みたいなこと。

 

だけど、はっきりした行動になって現れない部分は人間じゃないと無理。

例えば「購入」のような明確な結果に至らなくても「じんわりきた」とか「ドキッとした」とかそういう印象を与える仕事。

あるいは特定の人の心に狙って働きかけるとか、やっぱり人間の仕事。

 

そしてデザインやる人って本質的にはそういう仕事がしたい人が多いと思うので。

人の心を揺さぶるデザインそのもので価値を与えること、こういった仕事をしたいと思ってWebデザイナーを目指す人にとってはいい時代になる気がします。

 

で、AIが浸透してくる未来に向かって今何をやればいいのか

AIブームの時に、これからの時代を生き残るためには…とか自分の価値を上げるには…とかいろいろ騒がれました。

ただWebデザイナーを今から目指す人や私のようにスタートを切ったばかりの人間はやるべきことは特に変わらないと思います。

とりあえず今定番とされている作業(例えばカンプ、画像処理、手作業でのコーディングとか)は必要だし、無駄にならないです。

例えば全自動コーディングになったとしてもHTML・cssの知識が無駄になることはないです。

むしろその辺の基本がしっかりできてないと最新技術についていけないし、
深く知って慣れておくことがこれまでよりも大事になってくると思います。

だってAIができない部分をやることになるわけなので。それだけ複雑な仕事が増える。

例えば制作会社では制約のある条件でレスポンシブの修正とかjavascript変更とかありますけど、こういったことはまだまだAIにはぜんぜん無理です。

なにごとも大事なのは基礎です。

AIの時代だからと焦っていろいろ手を広げたり、難しいことやらなきゃってことじゃなく、

だからこそ地道に愚直にやっていくってのはまず必要だと思います。

 

ただその辺の基礎が固まって余裕がでてきたら、AIが苦手な部分を先手を打ってやっていくのがいい気がします。

例えば

  • 人のに働きかけるデザインや工夫の引き出し
  • 経営戦略→Web戦略→デザインと落とし込んでいく力、企画・マーケティング力など
  • ディレクターとしてのスキル(クライアントとのコミュニケーションやチームをまとめる力など)
  • (フロントエンドとか)エンジニア的なスキル

 

こう書くと何でもできるスーパーマンを目指せって言ってると思われそうですが、そうじゃないです。

各分野に精通するのではなく自分の専門であるデザインに結びつける力をつけるってことです。

 

なおエンジニアとしてのスキル向上はわかりやすく転職市場で価値を上げるポイントです。

これはデザイナーとエンジニアの境界線がなくなりつつあるっていう流れとも関係します。

実際制作現場でもHTMLで書いた静的なページより、PHPなど動的なページ(例:履歴からのおすすめ表示や売上ランキング)の需要が増え続けています。

仮にAIの浸透でデザイナーやエンジニアの求人数が減ったとしても

デザイナーとエンジニアの両方ができる人はとても少ないので価値が高いです。

シンプルに両方できるっていうのは大きい。

 

あとはAIの話からは逸れますが、動画制作のスキルは大事になってきそうです。

5Gの登場で重さが負担にならなくなるし、他サイトとの差別化をしやすいコンテンツだから。

 

近い将来Webサイト作成の仕事の中身が、

1.まずAIで基本のサイトの枠組みは作る。

その後主に力を入れるのが

2.オリジナルの動画制作

3.javascriptなどでのコンテンツ作成(例えばキャラクターが反応して答えるとか)

みたいなパターンが増えるかもと思います。

実際最近の案件では、アニメーションを入れてくださいとか多いです。

AIはともかく今後Adobe Character AnimatorAdobe After Effectsなどを使えると価値が高いデザイナーになれるのは間違いないです。

動画処理が画像処理と同じようにWebデザイナーの標準スキルの一つとされる日は近そうとも感じています。

 

あとこれは余談ですが個人的にはAIの開発をかじっておくのがいいかと思います。

開発って言ってもツールを使ってアプリを作る程度

結局作る側に回ってAIは敵じゃなくて仲間なんだっていう意識を持つのはAI時代に仕事する者にとって時代に沿う一番の早道な気がします。

これは精神論的な意味だけじゃなく、プログラミングを使ったコンテンツ作りもWebデザイナーの仕事の重要な部分になりそうと思うから。どのみち将来役立つ勉強の一環。

 

本当の意味での付加価値を追求していればやりがいはなくならない

なんだか話がとっ散らかってしまったんですが、

とにかくクライアントとユーザーを喜ばせる仕事っていう意味ではWebデザイナーのやりがいは決してなくならないと思います。

むしろ今までよりも高付加価値を与える仕事になるはず。

今までみたいに手作りしてた職人としてのやりがいっていうのもいいけど、総合的なサービス業としてのスタンス。

自己満足的な意味ではなくて、より人間に寄り添った仕事の仕方。

 

自分がどうのっていう姿勢じゃなく、お客さんの最善を願えばむしろAIはありがたいものになるはずです。

 

これからやりたい人へ

Webデザイナーやりたいけど将来どうなるかわかんないって言って挑戦しないとたぶん後悔すると思います。

ただ単に安定を求める人にはおすすめではないですが、

楽しそう・やってみたいって人にはむしろこれからの時代の方がおすすめと思ってます。

 

今までの作業員的な実態だった時代に比べて、専門職としての立ち位置はむしろどんどん強まると思うので。

あとは在宅でできるみたいな根本的な働き方のメリットも変わらないので。

 

おそれず焦らず挑戦するが吉です。

コメント