未経験からWebデザイナーを目指すならWordPressこそが突破口!

私は職業訓練でイラレフォトショの基本操作とHTMLCSSjQueryを学習しました。

多くはこのコースが基本みたいになっています。

ですがここに入っていないもので高評価されるスキルがあります。それはWordPress

 

逆に言うと基本カリキュラムにWordPressを加えると他の就活生と差別化できる=就活で頭一つ抜けられるわけです。

(ちなみに私の通っていた学校でWordPress学習するコースがありましたが、単に「Webデザイナー養成」みたいなコースだとやらないところが多いようなのでこの記事を書きました。)

 

この記事ではこんなことをまとめました。

  • WordPressスキルは制作現場でどのくらい求められているのか
  • そもそもなぜWordPressはそんなに需要があるのか
  • WordPressについて話せると面接でどれほど有利になるか。話すための基礎知識
  • 就活で「WordPressができる」とはどんなレベルのことか
  • WordPress未経験なら触っておくだけでも有利になる理由

 

ちなみにWordPressを強くおすすめするのはWebサイト制作会社のデザイナーを目指す場合、ということを補足しておきます。

事業会社のインハウスデザイナーを目指す場合はそこまで優先順位は高くないと思います。

 

この記事を読んでいただくと、WordPressの基本知識を身につけていただけると思います。

なので、これからはじめてみようという方はもちろん、

ある程度いじったことあるという方も面接対策として読んでいただけると良いかと思います。

WordPressは制作現場でどのくらい求められているか

私の会社では直近で制作案件の半分以上がWordPressです。保守管理してるサイトも集計したらちょうど3分の2がWordPressでした。

このように制作会社のWebデザイナーとWordPressは切っても切れない関係です。(WordPressのみしかやらないという専門の会社も多いです)

またインハウスデザイナーでも、Web運用の担当者でも、関わる可能性は非常に高いです。

ちなみにこのブログもWordPressです。

 

昔は「Webデザイナーはデザイン部分だけやる人」みたいな完全分業も多かったみたいですが、それだけやる仕事っていうのはどんどん減っています。

デザイナーという肩書でも開発者寄りのスキルを磨いていく方が収入や安定から考えて絶対いいです。

最近だとあるHTMLサイトをレスポンシブ化・WordPress化するというリニューアル案件がありました。
社内が手いっぱいだったのでアウトソーシングにしましたが、レスポンシブ化作業はすぐ頼めるもののWordPress構築ができる人が見つからない(いても単価が高い)となってしまいました。
このようにWordPressスキルの需要の高さを感じることは多いです。

 

なんでwordpressは需要が高いの?

そもそもなぜWordPressってそんなに需要あるのでしょうか?

その理由を一から説明していくと「CMS」の話からになります。WordPressはCMSの一種だからです。

CMSとは?

WebサイトはHTMLで表示されているのは学習されている方ならご存知のはず。

でもHTMLで書いたサイトだと更新や管理が不便です。

例えば「新着情報」。運用していくとトップページの一覧表示欄に新しいタグを追加してそのぶん古いものを削除、みたいな手作業が必要になってしまいます。

またひと昔前のホームページは作ったら終わり、頻繁に更新はしないっていうのが多かったですが、今はどんどん運用・発信してなんぼの時代です。

各企業のWeb担当者や広報も、HPに来てくれるのを待つというより、いかに仕掛けていくかが仕事です。

で、そういう活用をしたいのに、もしHTMLでサイトを納品されたら知っている人しか更新できなくて不便ですよね。またHTMLを知っていても毎日ちょこちょこソースをいじるとしたら面倒くさいものです。

 

そこでそういった運用・管理を圧倒的に楽にしてくれるのがCMSです。

HTMLなどがわからなくても画像アップロードやテキスト入力(Microsoft Wordみたいな感覚で)をすると初心者でも更新できる仕組み。

ちなみに用意されているデザインのテンプレートを使えば簡単にサイトを作ることもできます。

CMSとはContents Management System(コンテンツマネジメントシステム)の略です。
なお「更新・管理が楽」というのはCMSの特長の一面にすぎませんが、基本的にそのために導入するものという理解で最初はいいと思います。

 

WordPressはどのくらい使われている?

じゃ実際どのくらいCMSが使われているかっていう話ですが、

なんと世界のサイトの約半分がCMSツールで作られています。

で、CMSは数百~(おそらく4ケタ)という単位で種類がありますが、WordPressは全CMSのうち6割のシェアを誇ります!!

なんとCMS以外も含めた全世界のサイトのうち約3割がWordPressなのです。

ちなみに日本ではCMSのうちWordPressが約85%と世界平均を超えてさらに圧倒的人気です。

ブロガーやアフィリエイターにもWordPress利用者が非常に多いです。

 

WordPressが人気の理由は?

「CMSと言えばWordPress!」ってほど普及しているのはおわかりいただけたかと思いますが、

ではなぜこれほどWordPressが圧倒的人気なのでしょうか。

いろんな切り口で説明できると思いますが、

一口に言ってしまうと「人気があるから人気がある」ってことです。

 

そう、へりくつでもなんでもなく、WordPressが人気の理由はすでに確立された世界的なシェアとコミュニティです

WordPressが人気の理由について自由度の高さ機能の拡張などいろんな切り口から説明することもできると思いますが、これらもシェアとコミュニティあってこそ

 

Web業界の場合特に確立されたコミュニティがあるというのは大きいです。

ググるとWordpressの情報ならいくらでも出てきます。他のCMSではほとんど書かれていないようなことでも必ず情報があります。

なんなら静的なHTMLやサーバーそのもののことを調べているのにWordpress関連ばっかり出てくることさえよくあります。

雑にまとめるとWordPressが人気なのは、「世界のみんなが使っているから!」以上。

制作会社側としてはCMS案件に対し「じゃWordPressにしますね」といって否定されることはほぼないです。
またあまりITに詳しくない方からも「WordPressでお願いします」という指定を受けることが多く知名度は圧倒的です。
ちなみに現場でサイトを数十個管理していますが、WordPressサイトへのアタック攻撃(不正ログイン等をしようとすること)の多さはすごいです。
こんなに狙われるなんてと、WordPressの偉大さを感じます。

WordPress以外のCMSも少し押さえておこう

ちなみに私が制作会社にいて他に関わるのはMovable Type(ムーバブルタイプ)です。

他にはJoomla!(ジュームラ)とか。

この辺は名前くらいは知っていると面接対策としていいです。

ちらっと「うちはこんなCMSを使うこともある」とか言われたときに反応できますから。

また私のところでは案件によっては自社でCMSを組んだりもあります。

他にはMakeShop(Eコマースサイト構築ツール)、AdobeのDreamweaverなどもCMSの一種です。
ちなみにさらに広い意味ではFacebookやTwitterもCMSの一種です。これマメ知識。

 

WordPressスキルはなぜ需要が高いのか

うん、人気とシェアはわかった。でも制作現場でなぜそんなに需要が高いの?これからも需要あるの?って思うかもしれません。

ここからいよいよその本題に話をうつしていきます。

「静的」と「動的」。動的なサイト構築のスキルを身につけよう!

結論からざっくり言うとWebページは更新・発信してなんぼの時代だから。

昔はHPは作ったら置いておくものって感じでした。

 

ここでちょっとサイトの種類の話になります。

制作者がHTMLで書いたものをHTMLで表示する、これを「静的なサイト」と言います。

静的なサイトというのはユーザ側で表示内容が変わらないです。いつ誰が見ても一緒。

一方「動的なサイト」はユーザー側で表示が変わります。リアルタイム。例えば、Amazonでおすすめが表示されるやつです。

そしてWordPressは「動的なサイト」です。PHPで書いたものをHTMLで表示しています。

 

半年など短期間の学校で学ぶのは主に静的な部分のみです。基礎ですし、これができてないと動的なサイトにできないからこれは仕方ないです。

ただしこれからは動的なサイトを作れるスキルがないと正直キビシイです。

繰り返しになりますが、昔みたいにHPは一度作ったらしばらく放置、みたいな時代じゃなくなり、

更新・発信、どんどん変化させてなんぼの時代、ユーザーひとりひとりに合わせてなんぼの時代だからです。

 

なので制作会社側としては「更新する部分はだれでも扱えるようにして納品してください」と言われます。

補足のためにもうちょっと具体的な例を挙げると

基本としては、

  • ニュースやお知らせを簡単に更新できる
  • トップページのイメージ画像を簡単に変えられる

とかです。

他に多いのが、

  • 一覧表を自動でソートしたり、条件で並び替えにしてほしい
  • 検索窓や入力欄を設けて、条件で表示内容を変えたい
  • 情報と地図を連動させたい

などです。

昔はこういった機能があるサイトは「おおっ!」って感じでしたが今は一般的ですよね。

動的なサイトをつくる需要が増えている理由はこのへんにあります。

そして発注を受ける制作会社では、動的サイトのツールで圧倒的シェアを誇るWordPressの仕事がたくさんあるわけです。

 

WordPressは思っているより簡単

でもPHPとかまったくやったことないし難しそうって思いますよね。

ところがWordPressのすごいところはちゃんとPHPを学ばなくてもなんとかなるくらい簡単にできるところです。(なんなら私はPHP自体はほとんどわかってないですが、WordPressサイト(テーマ)作ってます。)

WordPressには「テンプレートタグ」というものがあります。
とても便利で、簡単なことなら初心者でもやりたいことをググってコピペすれば動くくらいに思って大丈夫です。

 

ただし最初だけ難しい部分、壁があります。それはWordPressのしくみの全体像をつかむっていうところ

制作者としては「テーマ(デザインテンプレート)を作る」「管理画面を使いやすくして納品する」「一覧のページを作る」とかが主な仕事になります。

そのあたりの書籍や情報はもちろん多いんですが、いまいち全体像をつかむのは難しかったりします。

自由度が高すぎて、何から手をつけていけばわからないというか、使いこなせないというか…私は最初そんな感じでした。

この最初の壁だけは習ってしまった方がはやいと思います。テーマづくりや管理画面のコントロールの工程は一度教えてもらいながらなぞってしまえば、後はググってなんでもできるようになります。

 

ちなみに「デザイナー」タイプの人は「エンジニア」タイプの人に比べてこの辺を学んで詳しくなるのが苦手だと思います。

でも需要は高い。だからこそデザイナーの肩書きでWordPressに詳しくなるのはお得です。デザインからすべての工程を一人で担えるわけですから。

 

プログラムとか苦手という人でも大丈夫です。javascriptバリバリ書くとかより、WordPressをいじる方が簡単ですし、よほど早くいろいろできるようになると思います。WordPressはコスパがいい。

ここからは実体験からWordPressスキルの価値を感じた話です。

面接で知ったWordPressの需要

他の記事でも書いていますが制作会社の面接ではWordpressがとにかく評価されます。

具体的に評価されたこと

私の場合、WordPressについてアピールできるようになってグッと面接の手ごたえが上がりました。

具体的には下記の二点です。

ポートフォリオをWordpressで作った

➡詳しくは後述しますが、「触ったことがある」というのが意外と大事なのです。その証明。

WordPressテーマを作ろうとした。

➡先述のとおりそれをやるのが制作会社の仕事だからです。これができたら即戦力。

ちなみに就活中にテーマは完成させられませんでしたが、それでも十分アピールになりました。
今テーマを自作してみている。が、この部分がわからなくて…とかの話をするようになったら、それまでとは比較にならないほど面接の手ごたえがよくなりました。
くどいですが、もうちょっとWordPressの需要を証明しておきます。

ほしい人材(スキル)は?の質問に対する答え

面接官から「質問ありますか」と聞かれたら「欲しい人材は?どんなスキルがあれば採用されますか?」ということを聞いていました。

その時もれなく返ってきていたのがこの答え。

➡Wordpressができる人

※他に多かったのはjavascript、「将来的にプロジェクトリーダーができる人」みたいな回答でした。

現場に入った今は面接官の言っていたことや判断基準がものすごくよくわかります。

サイト制作の会社にとっては、とにかくWordPressができる人は即戦力なので、まずはこれが挙がるのです。

WordPressに触ったことあるだけでも評価される理由

ある面接ではWordPressでポートフォリオを作ったことがかなり評価されました。

公式テーマでプラグインの組み合わせで作ったという話をしたのに。(←かんたんに言うと一切HTMLとかわからない人でもできる)

これは意外でした。ポートフォリオサイトは0からHTMLとjavascriptで作った方が評価されると思ってたので。

ちなみに他の制作サイトはHTMLとcssアニメーション、jqueryで作っていたので、その辺のスキルの証明はできていたというのを補足しておきます。

また別の面接でもWordPressに触ったことがあるか(管理画面がわかるか)しっかりと確認されました。

 

触ったことがあるというのが重視される。これはなぜでしょうか。

このレベルは、制作会社基準では「WordPressができる」とはとても言えないのに。

ここでいったんこのことを整理します。その後触ったことがあるレベルで価値がある理由を説明します。

「WordPressができる」ってどのレベルを指すの?

一般的には「WordPressができる」という言い方をしても、実際には下記のようなレベル分けがあるかと思います。

1.プラグイン開発、有料テーマ販売などを行なえる

2.静的なHTMLからテーマを作成し、管理画面のカスタマイズや特殊な条件を満たし納品する

3.公式テーマなどを使い、CSSを編集して表示サイト側のカスタマイズができる。必要な機能に応じて適切なプラグインを使える

4.配布されているテーマをそのまま使い、ブログ記事などを更新できる

制作会社のWebデザイナーに求められるのは2です。

1はもはや雇われデザイナーの領域ではないというか、デベロッパーとかエンジニアというか、まあここでは割愛します。

 

ちなみに就活を始めた頃の私は4と3の間くらいでした。

さてでは、この程度のWordPressに触ったことがあるというのがどうしてメリットになるんでしょうか。

 

今自分が制作現場の中の人になって思うことは、

・未経験の新人が入ってきたとして、HTMLとCSSと少しだけJSをかじった

という人と

・それプラスWordpressの管理画面を触れる、いじったことはある

って人だとけっこうな差を感じます。

この0と1の差は大きいです。

 

具体的に言うと、

PHP初心者がテーマ(テンプレート)づくりをしようとすると、

最初の一回は戸惑うというかまったく見当がつかない。それはもう本当にわかりません。

ですが、一回やってしまうと急にめちゃくちゃカンタンになります。

その最初のハードルを越える際に、管理画面に抵抗がなくてイメージができるっていうのが大きいのです。

作るモノのゴールは見えているから。

そして学校で勉強したHTMLができている=これはスタートは切れているということ。

あとはその間をつなぐだけ。教える方としては圧倒的にやりやすいのです。

※WordPressは触ったことがあるけど、テーマを作るとか難しそうで…っていう人が結構多いので補足。

テーマ(テンプレート)を作るって言うととてもハードルが高そうですが、

  • HTMLとCSSでサイトを作れる
  • WordPressの管理画面がどういうものか知っている

実はこの二つの基礎知識をちょっとつなげるだけなのです。

入門者はWordPressのテーマを作ったり、システム側をいじったりするならPHPを基礎からみっちり勉強しないと!って思いがちです。が、実はぜんぜんそんなことないです。
Wordpressで必要なPHPというのはほんとに入門者レベルでもなんとかなります。(逆に言うとそれだけ簡単だから普及したんだと思います)

これもWordpressに触ったことがあるという程度でも評価される理由の一つだと思います。拒否反応さえ出さなければ絶対できるようになりますし、デザイナーは必要な範囲だけやればいいのです。

 

ここまでで採用側がWordPressを評価する理由、触っておくだけでも評価につながる理由について書いてきました。

最後になぜこんなにWordPressをおすすめするのかを補足しておきます。

それは晴れて内定をもらった先を考えたときにもっとも生きるスキルだからです。

 

スキルとしてWordPressをおすすめする真の理由

「WordPressは稼げる」

WordPressは内定をもらうためにやるというより、実際に稼げるスキルなのでおすすめです。

記事が長くなってしまったので簡単に書きますが、以下のようなメリットがあります。

  • WordPressエンジニア」は「Webデザイナー」よりも平均的に給与が上
  • クラウドソーシングなどで稼ぐ場合もWordPressサイト制作関連は割がいい
  • 個人でブログ運営やアフィリエイトで稼ごうとしたとき制作・管理が難なくできる

 

WordPress構築ができると「総合力」が上がる

WordPress構築をしていると以下のようなことが自然に身につきます。

  • PHPの基礎WordPress特有の書き方みたいなのも多いのですが、そういった簡単なところから入るうちにどんどん読み書きができるようになります。(ちなみに書けるようになってくると、WordPressサイトに限らず使うようになるのでどんどんできるようになる。)
  • データベースの基礎WordPressのデータはMySQLデータベースに入っています。リニューアル案件とか内容がエンジニア寄りの案件だとデータベース関連が大事。
  • サーバーの基礎CMS/動的なサイトを構築して運用する以上自然とある程度わかってきます。
  • セキュリティ上の知識と経験各バージョンアップや攻撃対象になりやすいという特性上、静的なHTMLサイト管理よりもセキュリティ対策が増えるので

つまりHTMLなどの静的な制作だけでは知ることができないWebの仕組みの全体像がわかっている状態になれます。

これってすごく自信になるしこうなれたらうれしいと思いませんか。

 

特に将来フリーで稼ごうとする場合、このWebの総合知識・理解は非常に重要なスキルです。

サーバーやDB(データベース)など各分野の専門家にならなくても概要は押さえておく必要があるからです。

例えば、サイトに何らかの不具合が起きたとき、server側の問題かデータベース側の問題かセキュリティ上のリスクはどうか…こういったことを総合的に考える、問題を切り分けていくことが必要ですから。

会社ではWebディレクターなど他のポジションがこの辺を担うことも多いですが、専門がデザイナーでも知っていたら確実に武器になります。

また最近の傾向としてこういったポジションの垣根自体がなくなりつつあるという点からも総合力は大事です。

 

まとめ:WordPress習得で就活も就職後も成功させる

この記事で見てきたことをもう一度まとめます。

  • WordPressスキルは制作現場で非常に求められる。即戦力!。専門の制作会社も多い。
  • WordPressは世界的なシェアとコミュニティがあるため将来性が高く安定している。
  • WordPressについて話せると面接が盛り上がり、有利になる。
  • 就活で「WordPressができる」とは=テーマを作れること。慣れると簡単、なのに高需要・高評価。
  • WordPress未経験なら触っておくだけでも有利になる。教育しやすいし、はやく戦力になるから。

 

未経験者が採用されるには、AdobeソフトやHTML・cssだけではなかなか難しい時代。

でも需要がある領域で確かなスキルを身につければ年齢関係なく採用されますし、安定して仕事ができます。Webデザイナーは技術職。実力と向上心がすべてなので。

就活を成功させるためにWordPress!ぜひチャレンジしてほしいと思います。

コメント