ポートフォリオ&面接

ポートフォリオ&面接

Webデザイナーの選考では、顧客目線をアピールしよう!

最近私を採用してくれた社長と話していて「顧客目線」の大切さに気付きました。私は気づかぬうちに顧客のことを第一に考えて仕事をしていきたいとアピールしていて採用されたようです。志望動機、ポートフォリオ、目標でそこをどうアピールしたのかまとめます。
ポートフォリオ&面接

他の未経験者と格段に差をつけるポートフォリオ

未経験でWebデザイナーになりたい人は大勢います。その中で就職を勝ち取るためには、まずポートフォリオで差をつけることが必須です。スクールの授業で作ったものだけではなく、どんな作品を掲載すると有利になるのか、高評価なのか、実体験を踏まえてまとめています。
ポートフォリオ&面接

こうやって突破しました。35歳webデザイン未経験者の就職面接(主に制作会社)

管理人は35歳未経験からWeb制作会社にデザイナー正社員として入社しました。多くの面接を受けた中で、どんな質問を受けどんな回答をしてきたのかをまとめています。さらに面接官は何を知りたいのか、確認したいのか、ということを実体験から分析しています。